iPhoneでプログラミング(iPadも可)

ネットショップやってます→https://iphone-ca.shop-pro.jp/

iPhone(iPad)のワイヤレスキーボードの入力切り替え

どうも、

前回、ロジクールK380の設定方法を

ご紹介させていただきました。

 

iphone-pg.hatenablog.com

 

今回はその続きです。

 

早速購入したワイヤレスキーボードを使おうと思ったのですが

日本語/英語の入力切り替えができない・・・

 

僕はwindowsのパソコンしか使ったことがなかったのでAppleのキーボードでの入力切り替え方法がわかりませんでした。

 

調べてみるとどうやらスペースの両脇にあるボタンで切り替えができるみたいです。

f:id:mikkokuhei55:20170520195322j:plain

 

 ただ、これだけではダメで

キーボードの設定もしないといけないみたいです。

 

設定>一般>キーボード>キーボードから

新しいキーボードの追加を押して

f:id:mikkokuhei55:20170520195447p:plain

 

日本語を選びます。

f:id:mikkokuhei55:20170520200714p:plain

 

そしたら「ローマ字」を押して、

完了ボタンを押します。

f:id:mikkokuhei55:20170520200737p:plain

 

英語(日本)が追加されていればOKです。

 

f:id:mikkokuhei55:20170520200813p:plain

 

 

これで日本語と英語の入力切替ができるようになりました!

 

 

ワイヤレスキーボード「ロジクール K380」の設定方法

どうも、こんにちは。

 

過去2回、プログラミング向けの

キーボードアプリを紹介してきました。

iphone-pg.hatenablog.com

 

iphone-pg.hatenablog.com

 

 

しかし、どうもやはりタッチパネルでの

タイピングには限界があります...

 

 

そこで・・・

ワイヤレスキーボードの購入しました!

 

ワイヤレスキーボードとはブルートゥースを使って

物理キーボードからiPhoneを操作できるという優れものです。

 

 

ワイヤレスキーボードで検索すれば

たくさんの商品があるのが分かると思いますが僕が買ったのは

ロジクール K380 (ブルー)」です。

 

個人的にロジクールが好きなのでロジクールを買おうと決めていましたが

「K380」と「K480」のどちらを買おうか少し迷いました。

 

色々悩んだのですが「K380」に決めた理由は"重量"ですかね。

「K380」は423gなのに対し、「K480」は815g。

 

倍近く重量の差があるので持ち運びのことを考えるとやはり「K380」という結論になりました。

 

 amazonで購入で2~3日で無事到着。

 

届いた商品がこちら 

f:id:mikkokuhei55:20170520185310j:plain

 

裏面はこんな感じです。

f:id:mikkokuhei55:20170520185356j:plain

 

パソコン、タブレットスマホに対応してます!

 

f:id:mikkokuhei55:20170520185321j:plain

 

 中身はこんな感じです

 f:id:mikkokuhei55:20170520185316j:plain

 

 

ここからは設定方法をご紹介

【設定方法】

iPhone

設定>Bluetooth>

からBluetoothをオンにします。

 

f:id:mikkokuhei55:20170520185906p:plain

 

ロジクール K380」は3台まで接続先デバイスを簡単切り替えができるようです。

非常に便利ですね☆

 

色違いのボタンの「1」を3秒長押しするとランプが点滅します。

f:id:mikkokuhei55:20170520190728j:plain

 

そうすると

iPhoneに「Keyboard K380」と表示されるので

これで同期されました。

 

f:id:mikkokuhei55:20170520191003p:plain

 

これで設定完了です!

 

 

 

K380は結構軽く、持ち運びが便利そうなので

これにしてよかったです♪

 

オススメですよ☆

 

それにしても物理キーボードでのタイピングはやっぱり良い!!

 

ワイヤレスキーボードの入力切替の仕方はこちら

iphone-pg.hatenablog.com

 

 

プログラミングに便利なキーボードアプリ「Code keyboard」のご紹介

かなり更新するのが久しぶりになってしまいました。

 

これからはもっと更新頻度を上げられるようにします...

 

今回はiPhoneのキーボードアプリ「Code keyboard」を紹介します。

 

以前、「みんなの顔文字キーボード」を紹介しましたが

プログラミング開発用にもっと良いキーボードアプリがあったので

紹介します。

 

iphone-pg.hatenablog.com

 

 

Code keyboard」というアプリです。

f:id:mikkokuhei55:20170520112256j:plain

 

このアプリの良い所は書いた

言語に合わせて自動補完してくれることです。

これはとてもありがたい!

 

 

それでは設定方法を解説していきます。

 

App Storeから

Code keyboardをインストールして

設定>一般>キーボード>

キーボード>新しいキーボードを追加>

で「Code keyboard」を選択します。

f:id:mikkokuhei55:20170520112346p:plain

f:id:mikkokuhei55:20170520112350p:plain

 

このように追加されていたらOKです!

f:id:mikkokuhei55:20170520112351p:plain

 

 

使う際は

地球儀マークを長押しすると・・・

f:id:mikkokuhei55:20170520112354p:plain

 

このような画面が現れるので「Code-Code keyboard」を押します。

f:id:mikkokuhei55:20170520112356p:plain

 

 

そしたらキーボードが切り替わります。

 再度地球時マークを長押しすると

 

f:id:mikkokuhei55:20170520113826p:plain

 

地球儀マークと歯車マークが表れるので

歯車マークを選択。

f:id:mikkokuhei55:20170520112358p:plain

 

 そうすると自動補完してくれる言語を

色々選択できるようになります。

 

f:id:mikkokuhei55:20170520112359p:plain

 

これでhtmlを自動補完してくれるようになります!

 

ただ、自動補完してくれる数が少ないのが

悩ましい所ですが・・・

 

 

 

iPhoneでプログラミング~brタグ~

こんにちは。

前回はpタグについて解説さえていただきました。

iphone-pg.hatenablog.com

今回はbrタグについてです。

今回ももちろんJavaScript Anywhereを使っていきます。

 

前回のソースコード

pタグの中に

"また開始タグと終了タグに囲まれた全体の内容のことを要素と言います。"

という文章を足してみました。

f:id:mikkokuhei55:20170104200851j:plain

再生マークを押して

ブラウザ上で見てみると

文章が繋がっていて見づらいです。

 

なので途中で一旦、改行を入れたいところです。

f:id:mikkokuhei55:20170104200920j:plain

 

「そんなのHTML内で改行するだけでいいじゃん?」

と思ってしまいますが

残念なことにブラウザ上では

HTMLの改行は反映されません。

f:id:mikkokuhei55:20170104201841j:plain

 

ブラウザ上では改行されていません。

f:id:mikkokuhei55:20170104201929j:plain

 

ここで登場するのが

brタグです。<br>←こうやって書きます。

 

brタグを使うことで

ブラウザ上で改行することができるようになります。

 

brタグを使えば・・・

f:id:mikkokuhei55:20170104202033j:plain

 

きちんと改行されています。

f:id:mikkokuhei55:20170104202127j:plain

 

ここで

「あれ?終了タグはないの?」

と疑問に思った人がいるかもしれませんね。

 

そう。brタグには終了タグがありません。

 

 brタグを書くことで簡単に改行ができますので

とてもわかりやすいですね~

 

brタグの説明は以上です。

 

P.S

(終わり方がいまいちよくわからない…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneでプログラミング~pタグ~

こんにちは。

前回はタグ*1の説明をさせていただきました。

 

iphone-pg.hatenablog.com

 

今回はその続き。

前回はh1タグの話だけでしたが

今回は他のタグについても紹介していきます。

 

もちろん今回も

javascriptanywhereを使っての解説です。

 

前回解説したh1タグに囲まれた文字は意味になるか

覚えていますでしょうか?

 

そう、"見出し"として扱われます。

見出しがあれば

その後に文章を書いていくのが

普通ですよね。

その文章を書いていく時に使うタグが

"pタグ"です。

 

pタグに囲まれた文字(<p>~</p>)は

1つの"段落"として扱われます。

文章書く上で段落は大事ですよね。

それでは早速、書いてみます。

<p>と</p>を書いて、

その間に好きな文章を書いてみましょう。

 

ちなみに

"<>(山カッコ)"はキーボードの"6"の中に、

"/(スラッシュ)"は左下にあります。

(※みんなの顔文字キーワードの場合)

 

※注意!

タグは全て、全角ではなく半角で記載しましょう!

f:id:mikkokuhei55:20170104105722j:plain

 

 

ココでは以下のように書いていきます。

・・・・・・・・・・・・・

<p>HTMLというのは基本的に開始タグと終了タグに囲まれた構造になっています。</p>

<p>h1タグは見出しとして扱われます。</p>

<p>pタグは段落として扱われます。</p>

 

・・・・・・・・・・・・・

 

f:id:mikkokuhei55:20170104103908p:plain

f:id:mikkokuhei55:20170104103927p:plain

再生マークを押すと

このようになります。

 

f:id:mikkokuhei55:20170104103927p:plain

 

わからづらいかもしれませんが

実際はこのように段落分けされています。

f:id:mikkokuhei55:20170104111420j:plain

 

以上、pタグの説明でした。

 

 

 

 

 

 

*1:<○○○>のこと

みんなの顔文字キーボードの設定方法

こんにちは。

みんなの顔文字キーボードの設定方法を

お話ししていきたいと思います。

f:id:mikkokuhei55:20170103181508j:plain

みんなの顔文字キーボード

 

App Storeから

みんなの顔文字キーボードをインストールして

設定>一般>キーボード>

キーボード>新しいキーボードを追加>

みんなの顔文字キーボード

を選択します。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103192331j:plain

下の画像のように

キーボードに

みんなの顔文字キーボードが

追加されていることを確認。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103192609j:plain

 

キーボードを出して、

地球儀のマーク?を長押しして

みんなの顔文字キーボードを選択すれば

使用することが出来ます。

f:id:mikkokuhei55:20170103192311j:plain

↑地球儀マークを長押し

 

f:id:mikkokuhei55:20170103192907j:plain

 

 みんなの顔文字キーボードを

選択すれば使用できます。

 

以上、

 みんなの顔文字キーボードの

設定方法でした。

 

 

【追記】

「みんなの顔文字キーボード」は

「flick」に名前変更されました。

iPhoneでプログラミング~早速プログラムを書いてみよう~

 

こんにちは。

 

iPhoneでプログラミングをしようということで
JavaScript Anywhereを使ったプログラミング講座的なものを
はじめていきたいと思います。

(このブログはプログラミングを知らない初心者の方に向けて書いております。)

 

【用意】
iPhone(iPadも可)
JavaScript Anywhereのインストール
・みんなの顔文字キーボードのインストール(お好みで)


まずはiPhoneから
JavaScript Anywhereをインストールしましょう。

f:id:mikkokuhei55:20170103140153j:plain

あとは
みんなの顔文字キーボードもインストールしておくと
入力が楽になります。

 

みんなの顔文字キーボードの使い方はこちら

iphone-pg.hatenablog.com

 

JavaScript Anywhereをインストールすると
最初にこんな画面が出ていきます。

f:id:mikkokuhei55:20170103123651p:plain

 

Hello,JavaScript Anywhere!

を押すと 

上に JS,HTML,CSSの3つのタブがあります。

そしてその横に再生マークがありますね。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103144953j:plain

 

再生マークを押してみると

このような画面が出てきます。

 f:id:mikkokuhei55:20170103143218p:plain

 

この画面が普段、僕たちが見ているブラウザ上の画面になります。

JS,HTML,CSSソースコードをいろいろいじることによって

このブラウザ上の表示も変わっていくことになります。

 

では実際にソースコードをいじってみましょう。

 

まずHTMLを開きます。

訳のわからない

英語がゴニャゴニャ書いてありますね。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103140456p:plain

 

訳がわからないかもしれませんが

最初は<body>~</body>に囲まれた部分のみに

注目してそれ以外は無視で大丈夫です。

f:id:mikkokuhei55:20170103161025j:plain

<body>の下に

<h1>Hello,HavaScript Anywhere!</h1>

と記載してありますが

Hello,HavaScript Anywhere!を消して

<h1>と</h1>の間に好きな文字を書いてみましょう。

ここでは

プログラムを書こう!

と記載します。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103163240j:plain

 

再生マークを押すと

こんな感じに表示されます。

 

f:id:mikkokuhei55:20170103163243j:plain

<○○○>のことを"タグ"と言い

<h1>のことは"h1タグ"と言います。

 

HTMLは基本的に

このタグ(開始タグ~終了タグ<○○○>~</○○○>に囲まれた構造になっています。

そして開始タグ~終了タグに囲まれた全体を

"要素"と言います。

 

h1タグに囲まれたものは

"見出し"として扱われます。

 

タグは他にもたくさんあります。

次回から他のタグについても

解説していきます。